ひまし油でスキンケアも!?親子でオススメのひまし油スキンケア方法3選!!

一家に一瓶!ひまし油!!

ひまし油が肌のトラブルに大活躍。

その活用方法をご紹介!!

ひまし油のスキンケア1-大人ニキビにひまし油!!

30才過ぎたら、ニキビでは無く吹き出物ですかね(笑)

恥ずかしながら、僕は稀にニキビが出現します。

誘惑に負けて、お菓子食べた翌日とか、、、

以前はニキビのケアに悪戦苦闘してました。

しかし、今はひまし油でケアして絶好調です!!

やり方は簡単。

ニキビが出てきたら、ひまし油を塗りましょう。

ニキビに塗り込む感じです。

一日に2.3回塗ります。

就寝前が効果的です!!

ひまし油の排毒作用で、頑固なニキビがす~っと引きます。

ニキビ発生の初期であれば、2~3日で通常の肌に戻りました。

ニキビ発生初期のひましケアを怠ると、にきびが赤くなってきます。

すると、、、僕はニキビが気になってしまい潰してしまいます。

本当はいけないと思ってもやってしまう。(笑)

この潰した後のニキビにもひまし油が効果的です。

ひまし油は皮膚の再生を速めてくれます。

毎日、寝る前に塗っておくと、赤みがかった部分も直ぐに回復します。

塗らない場合と比べると、違いは歴然でした!!

マジで、若いころに知っておきたかったなぁ~。

と最近思ってます。

 

ひまし油のスキンケア2-痒み止めにもひまし油!!

夏になると多くなるのが虫刺され。

この虫刺されの痒みにもひまし油です。

もちろん!子供も大人も使えます!!

虫刺されのかゆみや腫れの原因は、一種のアレルギー反応です。

蚊が人間の血を吸うとき、刺された痛みを麻痺させるために、唾液を注入します。

この唾液=異物が体に入ってくるので、体を守ろうとしてアレルギー反応が起こります。

アレルギー反応として現れる症状に、かゆみ・腫れがあります。

と言う事は、異物を体から早く出してしまえば良い訳です。

そこで、ひまし油の排毒効果が役に立ちます。

痒み、腫れの箇所にひまし油を塗り込みます。

強めに擦り込む感じです。

後は放置です。

不思議と痒みがひいてきます。

市販薬ほどの即効性は無いですが、気付いたら痒くないと言った感じです。

大体10分位です。

僕は市販されている虫刺され薬は以前から使ってません。

ステロイド等の化学薬品の副作用が怖いからです。

その点、ひまし油は安全・安心でオススメです!!

ひまし油のスキンケア3-目の痒みに、ひまし油点眼!!

目にもOKひまし油です。

我が家では子供に使用する際は、まず親から。

というルールがあります。

実際にお風呂上がりに点眼してみました!

ボトルから少量を直接目に点眼!!

そのまま目を閉じます。

目を開くと、、、、・

うーん、ぼやけてみにくい、、。

日中の使用は控えた方が良さそうです。

そのまま就寝。

そして翌日の朝!!

目の周りがすっきりです!!!

目の周りの血液の循環が良くなったんでしょうか。

子供にも安心して点眼できます!!

実際に子供が目が痒いと言ったので、点眼しました。

問題無く保育園に登園してましたー。

 

最後に

皮膚や目に使う時は、必ずバッジテストをしてから使いましょう!!

皮膚につけるので、低温圧搾(コールドプレス)で抽出された、

未精製のものを選びましょう!!

万能ひっましーの効果は、

ひまし油でアラフォーおやじのヘアケア(薄毛対策)

子供の怪我にひまし油!!

などひまし油に関してのエントリーも合わせてご覧ください!

更に応用編のカソーダの記事も興味がありましたら一読下さ~い!!

 

The following two tabs change content below.
yusaku

yusaku

ブログで稼ぎたいパパブロガー。ナチュラリスト、ゆうさく。ヤンキー大学、パチンコ店員、土方、エステのキャッチ、デリヘルのドライバー、ニュージーランド留学、ペルー・ボリビアへバックパッカー旅行、ブラジル1年半滞在・・・など、様々な経験を持つ。現在は、自分よりも収入の多い嫁と子ども2人を持つパパ。 「多様な価値観の中で自分と家族、回りの友人が良い影響を与えあう」 こんなことをブログで伝えていく。

関連記事

気を付けよう!親の言葉づかい!!親の言葉が子供の成長に影響する理由を1か月かけて...

紙おむつ育児のメリット3点とデメリット3点をパパ目線で解説!!

【超多用途】ハッカ油の使い方7選とハッカ油スプレーの作り方と使い方3選!!

子供と釣りに行こう!!親子で釣りに行く7つのメリットと、最低限事前に準備するもの...

子連れキャンプの持ち物、必需品と、あると便利なグッズ3点をまとめてみた!!

家族旅行で台湾本土から離島、澎湖島(ポンフー)へ行こう!!家族で離島に挑戦する方...